Fatal error: Cannot access protected property ○○ in △△ on □□

エラーメッセージFatal error

概要

 状態:-  閲覧数:4,038  投稿日:2013-04-18  更新日:2013-04-18  
・「アクセス制限修飾子」で制限されているメンバに対して、そのメンバが参照できる範囲(可視性)を越えてアクセスしようとしたために発生したエラー


エラーメッセージ


Fatal error: Cannot access protected property ○○ in △△ on □□


詳細


・△△ファイルの□□行目付近に記載がある「protectedプロパティ○○」へのアクセスは不可
※protected 宣言されたメンバーには、「そのクラス自身」「継承したクラス」「親クラス」以外からはアクセスできない


実際に遭遇した例

 閲覧数:709 投稿日:2013-04-18 更新日:2013-04-18 

エラーメッセージ


Fatal error: Cannot access protected property Quiz_questRepository::$qstn_str in /0webapp/controllers/QuizController.php on line 120


内容


・「/0webapp/controllers/QuizController.php」ファイルの120行目付近に記載がある、「Quiz_questRepository」クラスの「protectedプロパティ $qstn_str」へのアクセスは不可

▼/0webapp/controllers/QuizController.php
class QuizController extends Controller
{

(中略)

public function newInstance($ua_details){

(中略)

$data['questions_arr'] = $this->db_manager->get('Quiz_quest')->qstn_str;


▼/0webapp/models/Quiz_questRepository.php
class Quiz_questRepository extends DbRepository
{
  protected $qstn_str = "|";


対応案

 閲覧数:691 投稿日:2013-04-18 更新日:2013-04-18 

3案


案1.プロパティを「そのクラス自身」で保持するよう、構成を変更
案2.関連クラス間での継承関係を構築
案3.アクセス修飾子を変更


案3.アクセス修飾子を変更


protected → public
案3-1.プロパティを「protected → public」へ書き換え
案3-2.protectedプロパティを削除(結果的に案3-1と同じ効果を得られる)

案3-1.プロパティを「protected → public」へ書き換え
・protectedプロパティにしていたからにはそれなりの理由があるはずなので、処理しづらいからという理由だけで安易に「public」へ変更しない方が良い

案3-2.protectedプロパティを削除
・protectedプロパティを削除することにより、明示的なプロパティを作成せず、動的に対応させる(アクセス修飾子がない場合自動的にpublicと見做す特性を利用)
・上記例で言えば「protected $qstn_str = "|";」を削除すると、「$this->db_manager->get('Quiz_quest')->qstn_str;」のプロパティがないので、自動的にpublicアクセスなプロパティを作成して対応してくれる
※長所と短所
・てっとり早く動作確認したい場合には便利だが、クラス直下に明示的にプロパティを記述しておかないと、後で生成箇所を把握する際、ソースコード全行読む必要が生じてしまうので、極力避けた方が良い


Fatal error: Allowed memory size of ★★ bytes exhausted (tried to allocate ○○ bytes) in △△ on line □□

Fatal error: Cannot use assign-op operators with overloaded objects nor string offsets

コメント投稿(ログインが必要)



週間人気ページランキング / 5-21 → 5-27
順位 ページタイトル抜粋 アクセス数
1 Parse error: syntax error, unexpected 'public' (T_PUBLIC) | Parse error(エラーメッセージ) 12
2 ブラウザを閉じたらセッションデータはどうなるの? | セッション 6
3 PHPで定数を定義する方法は2種類ある / 配列定数の定義 5
3 コード例 … 「例外処理」はネストすることができる 5
3 ブラウザを閉じたらセッションデータはどうなるの? | セッション 5
4 or(||) | 演算子 4
4 Fatal error: Uncaught RuntimeException: SplFileObject::__construct(): failed to open stream: Permission denied in | Fatal error(エラーメッセージ) 4
4 ガベージコレクション | 機能 4
4 セッション名 | セッション 4
4 正規表現 | テキスト処理 4
5 セッション 3
5 curl で Cookie を使用する 3
5 Fatal error: Uncaught Error: Call to a member function modify() on string | Fatal error(エラーメッセージ) 3
5 セッション管理が必要な理由は、HTTPプロトコルには状態を保持する機能がないため | セッション 3
5 Fatal error: Access level to ▲::$△ must be protected (as in class ●) or weaker | Fatal error(エラーメッセージ) 3
5 PHP用語 3
6 session_start() | セッション 2
6 インポートするデータを受信できませんでした。ファイル名が送信されていないか、ファイルサイズが PHP の設定で許可された最大値を超えています。FAQ 1.16 をご覧ください | エラーメッセージ 2
6 セッションIDを(共有するために)受渡す方法は3種類ある / 方法A.Cookieへ書き込んで渡す / 方法B.URLパラメータとして付与 / 方法C.hiddenで送信 2
6 Warning: strlen() expects parameter 1 to be string, array given in ○○.php on line △△ | Warning(エラーメッセージ) 2
2024/5/28 1:01 更新