register_shutdown_function

関数処理 関数register_shutdown_function

概要

 状態:-  閲覧数:4,284  投稿日:2014-03-23  更新日:2014-03-27  
シャットダウン時に実行する関数を登録
・void register_shutdown_function ( callback $callback [, mixed $parameter [, mixed $... ]] )

構文
register_shutdown_function( コールバック関数 [,パラメータ[, パラメータ... ]] )
・第 1 引数 … スクリプト処理が完了したとき、あるいは exit() がコールされたときに実行するコールバック関数を指定
・第 2 引数 … コールバック関数(シャットダウン関数)に渡すパラメータ
・第 3 引数 … コールバック関数(シャットダウン関数)に渡すパラメータ

仕組概要
・スクリプトのメイン制御フローが終了した後、必ず呼ばれるコールバック関数を定義

メリット
・スクリプト処理が完了したとき、出力送信や出力バッファにアクセスなど、何らかの操作をすることができる

挙動概要
・register_shutdown_function() によってコールバック関数を登録した後であれば、例え exit() しようが Fatal Error が発生しようが、確実にコールバック関数が呼ばれる

コード例 … Fatalエラー

 閲覧数:856 投稿日:2014-03-27 更新日:2014-03-27 

Fatalエラー


未定義関数呼び出し/致命的かつ復帰できない場合
・set_error_handler()だけでは、Warning:エラー(0 除算)のエラーハンドリングは出来ても、Fatal error: エラー(未定義関数呼び出し/致命的かつ復帰できない場合)のエラーハンドリングは出来ない
・これは Fatal error (致命的エラー) の箇所で、スクリプトが終了処理してしまい、ユーザー定義のエラーハンドラ関数が呼び出されないため
・処理が最後まで到達していないことは、Bye が表示されていないことからも確認できる
function my_error_handler ( $errno, $errstr, $errfile, $errline, $errcontext ) {
//     echo "[$errno] $errstr $errfile($errline)\n<br />";
    echo "[$errno] $errstr ($errline)\n<br />";
}

function my_shutdown_handler(){
    $isError = false;
    if ($error = error_get_last()){//最後に発生したエラーについての情報を取得。ここでは、foo();//未定義関数でエラー発生→Fatal error:
         switch($error['type']){
         case E_ERROR:
         case E_PARSE:
         case E_CORE_ERROR:
         case E_CORE_WARNING:
         case E_COMPILE_ERROR:
         case E_COMPILE_WARNING:
              $isError = true;
                     break;
             }
        }
    if ($isError){
         echo my_error_handler(
              $error['type'],
              $error['message'],
              $error['file'],
              $error['line'],
              null );
    }
}

ini_set( 'display_errors' , 0 );//エラー出力しない
error_reporting( E_ALL );// 全ての PHP エラーを表示(但し何を持って「全ての PHP エラー」と見做すかはバージョンにより異なる)
set_error_handler( 'my_error_handler', E_ALL );
register_shutdown_function( 'my_shutdown_handler' );

echo "Hello\n<br />";
$i = 5/0;//0 除算でエラー発生→Warning:
foo();//未定義関数でエラー発生→Fatal error:
echo "Bye\n<br />";

・処理結果
Hello
[2] Division by zero (59)
[1] Call to undefined function foo() (60)

Fatalエラーで確かに処理が終了していることの確認
・本来ならばset_error_handlerで補足できるWarnigエラーを、敢えてregister_shutdown_functionで補足するよう設定を行い、Fatalエラーの次にWarnigエラーを発生させ、最後のWarnigエラーまで処理が到達しないことを確認(Fatalエラーで処理が終了することを確認)
・処理が最後まで到達していないことは、Bye が表示されていないことからも確認できる
function my_error_handler ( $errno, $errstr, $errfile, $errline, $errcontext ) {
//     echo "[$errno] $errstr $errfile($errline)\n<br />";
    echo "[$errno] $errstr ($errline)\n<br />";
}

function my_shutdown_handler(){
    $isError = false;
    if ($error = error_get_last()){//最後に発生したエラーについての情報を取得。ここでは、foo();//未定義関数でエラー発生→Fatal error:
         switch($error['type']){
         case E_ERROR:
         case E_PARSE:
         case E_CORE_ERROR:
         case E_CORE_WARNING:
         case E_COMPILE_ERROR:
         case E_COMPILE_WARNING:
              $isError = true;
                     break;
         case E_WARNING://set_error_handlerで補足できるエラーを、敢えてregister_shutdown_functionで補足
              $isError = true;
                     break;
             }
        }
    if ($isError){
         echo my_error_handler(
              $error['type'],
              $error['message'],
              $error['file'],
              $error['line'],
              null );
    }
}

ini_set( 'display_errors' , 0 );//エラー出力しない
error_reporting( E_ALL );// 全ての PHP エラーを表示(但し何を持って「全ての PHP エラー」と見做すかはバージョンにより異なる)
//set_error_handler( 'my_error_handler', E_ALL );
register_shutdown_function( 'my_shutdown_handler' );

echo "Hello\n<br />";
$i = 5/0;//0 除算でエラー発生→Warning:
foo();//未定義関数でエラー発生→Fatal error:
$i = 5/0;//Fatal errorで処理が終了するため、ここまで処理は到達しない
echo "Bye\n<br />";

・処理結果
Hello
[1] Call to undefined function foo() (63)


コード例 … Warningエラー

 閲覧数:706 投稿日:2014-03-27 更新日:2014-03-30 

0除算


・本来ならばset_error_handlerで補足できるWarnigエラーを、敢えてregister_shutdown_functionで補足
・処理が最後まで到達していることは、Bye が表示されていることからも(それもWarningエラーより前)確認できる
function my_error_handler ( $errno, $errstr, $errfile, $errline, $errcontext ) {
//     echo "[$errno] $errstr $errfile($errline)\n<br />";
    echo "[$errno] $errstr ($errline)\n<br />";
}

function my_shutdown_handler(){
    $isError = false;
    if ($error = error_get_last()){//最後に発生したエラーについての情報を取得。ここでは、$i = 5/0;//0 除算でエラー発生→Warning error:
         switch($error['type']){
         case E_ERROR:
         case E_PARSE:
         case E_CORE_ERROR:
         case E_CORE_WARNING:
         case E_COMPILE_ERROR:
         case E_COMPILE_WARNING:
              $isError = true;
                     break;
         case E_WARNING://set_error_handlerで補足できるエラーを、敢えてregister_shutdown_functionで補足
              $isError = true;
                     break;
             }
        }
    if ($isError){
         echo my_error_handler(
              $error['type'],
              $error['message'],
              $error['file'],
              $error['line'],
              null );
    }
}

ini_set( 'display_errors' , 0 );//エラー出力しない
error_reporting( E_ALL );// 全ての PHP エラーを表示(但し何を持って「全ての PHP エラー」と見做すかはバージョンにより異なる)
//set_error_handler( 'my_error_handler', E_ALL );
register_shutdown_function( 'my_shutdown_handler' );

echo "Hello\n<br />";
$i = 5/0;//0 除算でエラー発生→Warning:

//foo();//未定義関数でエラー発生→Fatal error:

//foo(;//Parse error: syntax error, unexpected ';', expecting ')'

//echo $hoge//
//echo $foo;//Parse error: syntax error, unexpected T_ECHO, expecting ',' or ';'

echo "Bye\n<br />";

・処理結果
Hello
Bye
Back to top[2] Division by zero (62)

・同じこと(Warningエラー捕捉)を、set_error_handler()で行なうと、スクリプト処理が完了したときに行なう処理ではないため、エラーメッセージは、Bye の前に表示される
function my_error_handler ( $errno, $errstr, $errfile, $errline, $errcontext ) {
//     echo "[$errno] $errstr $errfile($errline)\n<br />";
    echo "[$errno] $errstr ($errline)\n<br />";
}

ini_set( 'display_errors' , 0 );//エラー出力しない
error_reporting( E_ALL );// 全ての PHP エラーを表示(但し何を持って「全ての PHP エラー」と見做すかはバージョンにより異なる)
set_error_handler( 'my_error_handler', E_ALL );
//register_shutdown_function( 'my_shutdown_handler' );

echo "Hello\n<br />";
$i = 5/0;//0 除算でエラー発生→Warning:
//foo();//未定義関数でエラー発生→Fatal error:
echo "Bye\n<br />";

・処理結果
Hello
[2] Division by zero (35)
Bye


コード例 … その他

 閲覧数:722 投稿日:2014-03-30 更新日:2014-04-02 

ログファイル書出


全てのエラーを、日付名を指定したログファイルに、日付秒数毎に書き出す
define('ERRORLOGFILE',dirname(__FILE__).'/log/'.date('Ymd').'_error.log');

//エラー処理関数
function my_error_handler ( $errno, $errstr, $errfile, $errline, $errcontext ) {
v($errcontext); //my_shutdown_handler()経由ならNULL
// 表示用
echo "[$errno] $errstr $errfile($errline) $errcontext \n";
// ログファイルに書き込み
file_put_contents( ERRORLOGFILE, date('Y/m/d H:i:s')." [$errno] $errstr $errfile {$errline}行目\n", FILE_APPEND);
}

function my_shutdown_handler(){
$isError = false;
if ($error = error_get_last()){//最後に発生したエラー情報を取得
switch($error['type']){
case E_ERROR://エラー定数(エラー出力レベルビット値)。Fatal errorはここに該当
case E_PARSE:
case E_CORE_ERROR:
case E_CORE_WARNING:
case E_COMPILE_ERROR:
case E_COMPILE_WARNING:
$isError = true;
break;//上記エラーについては、処理を行なうため、$isErrorフラグをtrueへ変換
}
}
if ($isError){
my_error_handler(
$error['type'],//第1引数…(エラー定数(エラー出力レベルビット値))
$error['message'],
$error['file'],
$error['line'],
null
);
}
}

error_reporting(0);//全てのエラー出力をオフ
set_error_handler( 'my_error_handler', E_ALL );//Warning Noticeを捕捉
register_shutdown_function( 'my_shutdown_handler' );//Fatal Errorを捕捉

5/0;
/*出力
array(15) {
 ["GLOBALS"]=>……
[2] Division by zero /○○/15.php(56) Array
Bye
*/

//foo();
/*出力 ※Fatalエラーにつき、最後まで到達しないため、Byeは表示されない
NULL
[1] Call to undefined function foo() /○○/15.php(62)
*/
echo "<br>Bye\n<br>";



メール送信


・エラーが発生したら、エラー内容をメールで送信。※対象…全てのエラー
「最後に発生したエラー情報」が NULL でなければ(エラーが発生していれば)、エラー内容をメール送信
※is_null() … 変数が NULL かどうか調べる。null の場合に TRUE、 それ以外の場合は FALSE を返す
※下記コードは、PHP5.3以降でしか動作しない
register_shutdown_function(function () {
if(is_null($e = error_get_last()) === false) {
mail('moyoko@yahoo.co.jp', 'エラー発生しましたよメールの件名', print_r($e, true));
}
});
foo();//エラーを発生させる

※下記記述を「.htaccess」へ追記すると、何よりも最初に「指定したファイルを実行」するようになる
php_value auto_prepend_file ○○.php


コメント投稿(ログインが必要)



週間人気ページランキング / 5-21 → 5-27
順位 ページタイトル抜粋 アクセス数
1 Parse error: syntax error, unexpected 'public' (T_PUBLIC) | Parse error(エラーメッセージ) 12
2 ブラウザを閉じたらセッションデータはどうなるの? | セッション 6
3 PHPで定数を定義する方法は2種類ある / 配列定数の定義 5
3 コード例 … 「例外処理」はネストすることができる 5
3 ブラウザを閉じたらセッションデータはどうなるの? | セッション 5
4 or(||) | 演算子 4
4 Fatal error: Uncaught RuntimeException: SplFileObject::__construct(): failed to open stream: Permission denied in | Fatal error(エラーメッセージ) 4
4 ガベージコレクション | 機能 4
4 セッション名 | セッション 4
4 正規表現 | テキスト処理 4
5 セッション 3
5 curl で Cookie を使用する 3
5 Fatal error: Uncaught Error: Call to a member function modify() on string | Fatal error(エラーメッセージ) 3
5 セッション管理が必要な理由は、HTTPプロトコルには状態を保持する機能がないため | セッション 3
5 Fatal error: Access level to ▲::$△ must be protected (as in class ●) or weaker | Fatal error(エラーメッセージ) 3
5 PHP用語 3
6 session_start() | セッション 2
6 インポートするデータを受信できませんでした。ファイル名が送信されていないか、ファイルサイズが PHP の設定で許可された最大値を超えています。FAQ 1.16 をご覧ください | エラーメッセージ 2
6 セッションIDを(共有するために)受渡す方法は3種類ある / 方法A.Cookieへ書き込んで渡す / 方法B.URLパラメータとして付与 / 方法C.hiddenで送信 2
6 Warning: strlen() expects parameter 1 to be string, array given in ○○.php on line △△ | Warning(エラーメッセージ) 2
2024/5/28 1:01 更新